ミャンマーヤンゴンのダウンタウンカレーおすすめ

ミャンマーヤンゴンのダウンタウンでおすすめのカレー店についてまとめてみました♪

 

このページの目次

 

203 Myanmar Curry Restaurant

203 Myanmar Curry Restaurantの基本情報

営業時間 10時~17時
場所 以下のMapを参照して下さい。

 

203 Myanmar Curry Restaurant料理の価格や内容

価格:
カレー1種 約2500MMK
ライス   500MMK

 

約10種類ほどのカレーを注文が入ると「ステンレスの容器ごと」温めて、小分けにして提供スタイル。無料で生きゅうりが付いてきます。

 

エビのカレー(写真右)、豚肉のカレー(写真中央)を注文しました。

 

エビのカレー:
エビの頭も入っており、海老味噌の旨味も抽出したカレーです。
トマト、ナスも一緒に煮込んでいるので、比較的さっぱりとした口当たりです。

 

豚肉のカレー:
にんにくや生姜、各種のスパイスの香りなどを多めの油で抽出したタイプのカレーです。
スパイシーでありながら辛すぎず、肉の旨味もしっかりと感じられるバランスの良いカレーです。

 

203 Myanmar Curry Restaurantの総評

評価

値段はローカルからすると高めですが、衛生管理がしっかりしているので安心です。

 

カレーを温めて出してくれるし、雰囲気も良いです。

 

ダヌピュー

ダヌピューの基本情報

営業時間 8時~21時
場所 以下のMapを参照して下さい。

 

ダヌピューの料理の価格や内容

価格:
カレー1品(うなぎカレー)+ライスで3,300MMK
カレー2品(豚、羊レバー)+ライス✕2で7,000MMK

 

作り置きをそのまま提供するスタイル。
生野菜とスープが無料で付いてきます。

 

うなぎのカレー:
柔らかく煮込んであり、小骨などが気になることはありませんでした。
香草やスパイスで丁寧に仕込んであるので泥臭さもなく、うなぎのコクが感じられるドライ系のカレーです。

 

豚のカレー(写真手前):
肉はあまり柔らかくないので、長時間煮込んでいるという感じではありません。
油スパイスで肉を炒めた様な感じで、やや塩味が強いです。

 

羊レバーのカレー(写真奥):
見た目は悪いですが、羊のレバーのほうが美味しかったです。
臭みもなく、どこかの部分の脂身と一緒に煮込んであるのでコクや旨味がしっかり感じられます。

 

ダヌピューの総評

評価

カレーの味は良いですが、相場と比べると値段が高すぎる感じがします。

 

無料のスープがまずい(酸っぱくて青み野菜がどす黒くなっている)のもマイナス点です。

 

ただ、ミャンマーは飲食店の閉店が早いのですが、21時まで開いている点は評価できます。

 

TOPへ